IMG_0929


このブログで、何度か取り上げた

「美妻人」(レポ)
「パンドラ」(レポ)
「イパネマ」(レポ)


が閉店しました。 
恐らく摘発だと思いますが、まだ未確定です。

ちなみに、「美妻人」と「パンドラ」は同じ女性が在籍しているミラー店の関係で、「イパネマ」は振り替え店でした。
「美妻人」と「パンドラ」がミラー店だった事は知りませんでしたが、「イパネマ」が振り替えて店だった事はレポでも触れておりました。
摘発は、「客のタレこみ」 「嬢のタレこみ」が原因な場合が多いです。

今後の情報が入り次第追記させて頂きます。
何か情報をお持ちでしたら、よろしくお願いいたします。

最近の話だと、川崎の「ちょんの間」も摘発されたらしく、Yahooニュースにもなりました。
今後、一掃されるそうです。

県警生活保安課と川崎署は23日夜、川崎市川崎区の堀之内地区で、違法風俗店「ちょんの間」4店を一斉摘発した。同地区での取り締まりは約7年ぶりで、売春防止法違反の疑いで女2人を逮捕した。

 県警が24日までに逮捕したのは、売春防止法違反(周旋)容疑の飲食店従業員の女(66)=同市川崎区渡田向町=と、同(場所提供)容疑の飲食店経営の女(51)=横浜市中区山田町=の両容疑者。

 飲食店従業員の女(66)の逮捕容疑は4月19日、同地区の飲食店で女性従業員(36)に売春させた、飲食店経営の女(51)は同6日、経営する同区本町2丁目の飲食店で女性従業員に売春場所を提供した、としている。飲食店従業員の女(66)は「客にビールやつまみを提供したが、周旋はしていない」と否認している。

 4店には30~50代の売春婦が計8人おり、30分1万円で客を取っていた。同地区は2001年に約80の違法風俗店が軒を連ねていた。09年7月の摘発で一時壊滅したが、現在は小料理店を装って営業する店が散見される。同署は「南町も含め、違法風俗店を一掃する」としている。